電磁界シミュレーター入門 2020/02/11 その2

電磁界シミュレーター
02 /11 2020
今日は続けて記事を更新です。

さっそくsonnetを起動しましょう。

起動するとタスクバーが表示されます。

2020021120.jpg


左から簡単に説明すると、

Edit Project:解析用の回路を設計したり、解析条件を設定する
Analyze Project:回路中の3次元電流を評価し、電磁界を解析する
View Response:応答データをグラフにして表示する
View Currents:回路内の電流密度を表示する
View Far Field:無料版では使えない。回路の放射特性を見ることができる
Manuals:マニュアルです。ただし、英語です。

となっています。

まずは、サンプルデータを読み込んでみましょう。

Project -> Browse Example... を選択します。

20200211_21.jpg


たくさんの回路が表示されました。
ここではマニュアルに従って”RFID Tag Lite”を選びます。


20200211_22.jpg


クリックするとたくさんウィンドウが出てきますが、Project Editorのものだけ残して、あとは閉じてください。


20200211_23.jpg



では、これの解析を行ってみようと思います。
まず、設定を確認しましょう。
Analysis -> Setup... を選択します。


20200211_24.jpg



すると、解析の設定が表示されます。


20200211_25.jpg


Optionで回路中の電流密度をデータとして見るかどうか選べます。
ここでチェックしても、しなくても電磁放射を計算するうえで、回路中の電流密度は必ず計算されるものです。

Analysis Controlでは周波数成分の解析の仕方が設定できます。
ここではAdaptive Band Synthesis (ABS) の技法を使って、 10~15MHzの周波数帯域で細かい分解能の解析を行います。
また、回路中のwの長さを70、 80、90と変えていき、その長さでのABSを行います。

では、解析しましょう。

Project -> Analyzeを選択します。


20200211_26.jpg


解析結果を保存するかどうか聞かれるので、とりあえず保存しましょう。


20200211_27.jpg


解析がはじまると解析のウィンドウが開きます。



20200211_29.jpg



終了したら、”View Response”をクリックです。

周波数に対するポート間の特性インピーダンスが表示されました。


20200211_31.jpg


ここではポートは1つしかないので、そこでの値となります。


時間がないので、きょうはここまでです。

電磁界シミュレーター入門 2020/02/11

電磁界シミュレーター
02 /11 2020
皆様、お久しぶりです。

ようやく風邪から復帰して体力も時間も有り余っているので、今日は以前からやりたかった電磁界シミュレーターの使い方を学んでいこうと思います。

今回、お世話になるのはソネット技研が提供している”Sonnet Lite”というソフトウェアです。
当然のごとく、無料です。

https://www.sonnet.site/free/

20200211_1.jpg


ウェブページに書いてある通り、機能や解析規模に制限が掛かっていますが、いろいろなことができます。

それでは早速、インストール作業に入りましょう!

まず、ウェブページから無料ダウンロードを行います。


20200211_2.jpg



セットアッププログラムを起動すると、かっこいいおじさんが表示されます。
英語で書かれていますが、ライセンスを守って使っていれば問題ないです。



20200211_3.jpg


20200211_5.jpg


20200211_6.jpg



インストール作業が終了すると、ライセンス登録を行うためのウィンドウが開きます。
登録をしましょう。



20200211_7.jpg


20200211_8.jpg




ぱっと見、入力欄がたくさんあって戸惑うかもしれませんが、*印の付いている部分を埋めればOKです。

ちなみに、詳しい登録の仕方はダウンロードするところの隣にあった”入門書最新版”に書かれています。

趣味で使う場合は”Home”を選択してください。

本当は登録する際に情報を自動で送ってもらうのですが、ここではそれはできないので、”Save as ...”を選択してください。


20200211_11.jpg


ここでいったん作業は終了です。


次に登録情報をメールを送ります。

あて先は”SonnetLite@SonnetSoftware.com”です。
先ほどの作業で、“Sonnetreg.txt”というファイルが作成されたはずです。
それをメールに添付します。


20200211_12.jpg



しばらくすると、メールが3通届きます。


20200211_13.jpg



一番最初のメールにライセンスファイルが添付されているので、パソコンに一時的に保存しましょう。
一応、ファイルまでのパスに日本語が入らないように保存しました。

sonnetを起動して、Adminのlicenseを選択します。


20200211_14.jpg



先ほど保存したライセンスファイルを指定して、次に進みましょう。


20200211_15.jpg



登録ができたのかをlisenceIDから確認します。


20200211_16.jpg


20200211_17.jpg



未登録の場合、SL000...となるので、しっかりと登録されていることがわかります。
これでインストール作業は終了です。


今回はここまでです。
ありがとうございました。

薄膜の話

工学系の話
02 /02 2020
皆様、こんばんわ。

実は、先週の木曜日から咳と鼻水が出始めました。
一応、病院に行ったのですが、ただの風邪と診断され、今日はおとなしく寝ていました。
ただ、症状がなかなか改善しないので、少し不安です。
今話題の新型コロナウイルスで無ければよいのですが・・・。


今日は寝すぎたせいで目が冴えてしまったので、雑談をしようと思います。
ちょっと熱と薬でフラフラしますが、お付き合いください。


今日の雑談は薄膜の話です。

ここで言う薄膜とは、だいだい数百nmから数十nmまでくらいの薄い金属膜のことです。
そのような薄い膜を作る際にはスパッタリング装置を使います。
金属ターゲットの下に基板を置き、ポンプを用いて真空引きします。
次にアルゴンガスなどの不活性化ガスを入れた後、プラズマを発生させ、電圧を加えて金属ターゲットにアルゴン分子をぶつけるわけです。
すると金属ターゲットの表面からはじき出された金属のちいさな塊が下の基板に積り、薄膜が出来上がるというわけです。

薄膜を作る際に、まず気を付けなければならないのが、不純物の混入です。
基本的に服はクリーンウェア、マスクと眼鏡着用で、毛やほこりが絶対に落ちないようにします。
基板は絶対に手で触ってはいけません。綺麗に洗浄してエアブローしたピンセットで端を掴みます。
基板を装置に入れる前はしっかりとエアブローで表面の埃を落としてから入れます。
真空引きも重要です。装置の中に酸素や窒素などが残っていると、薄膜の金属とくっ付いて望んだ性能がでなくなります。
また、スパッタリングをする前に、あらかじめシールドをした状態で金属ターゲットをスパッタリングし、金属ターゲット表面に形成されているだろう不純物の層を除去します。
また、プラズマに使うガスの純度も重要です。連続して使用していないときは、ライン中のガスをフラッシュしてから使いました。

次に重要になってくるのが、膜の応力ですね。
膜の応力が高すぎると、基板から膜が剥がれてしまったり、基板をカットした際に応力が解放されて薄膜の構造物がパキッといってしまったりします。
また、結晶構造が目的のものから変化してしまったりするので、気を付けなければなりません。
応力は薄膜形成時の状態、主に積もる際の熱とか積もるスピードとかで変化します。
よって、電圧やガス圧を変えることでターゲットを削っているプラズマの状態を変化させたり、ターゲットと基板間の距離を調整してみたり、基板を加熱して温めてみたり、いろいろなことをするわけですね。
あと、温度が高くなりすぎないようにする場合は、基板に銅板などの熱容量の大きいものを接触させることで、温度上昇を抑えたりします。
また、意外と重要なのが基板の結晶構造です。
ターゲットからはじき出された金属粒子は、基板に到達してからわずかながら動いてちょうどいい場所で止まります。
このちょうど良い場所が基板の結晶構造に依っていることもあり、積もり始めは基板の結晶構造に引きずられてしまうのです。
よって、薄膜金属の結晶構造も考えた上で、基板も選ばなければなりません。


今日は、こんな感じで終わりにしたいと思います。


それでは皆様、風邪に気を付けてください。

カスタムオーダーメイド3D2  2020/01/25

カスタムメイド
01 /25 2020
皆様、久しぶりです。

現在、会社の都合により他社へと派遣されています。
そのため時間がとれず、ブログ更新もゲーム作りもなかなかできない状況となっております。
しばらくは更新頻度が落ちると思いますが、お許しください。


というわけで、本題に入りましょう。
今回はカスタムオーダーメイド3D2のお話です。

だいぶ昔となりますが、朝と夜の嫁イドとのやり取りがゲームに実装されました!
仕事終わりと仕事前に嫁イドが主人公に語り掛けてくれます。
ここまでくると、嫁イドというよりもただの嫁ですね。
朝も夜も砂糖を吐き出したくなるような言葉を嫁イドから聞くことができます。
どうやらブログ主は2次元の世界においてすでに結婚していたらしい・・・。
社畜の荒んだ心も浄化されますね~


20200125_1


20200125_2.jpg



キャラクターごとに違ったやり取りを見ることができます。
早くメイドさん全員と結婚しなければ(使命感)



あと、カスタムメイド3D2のダンスである”happy!happy!スキャンダル!!”がカスタムオーダーメイドに対応しました。
参考動画は以下から見れます。


20200125_3.jpg


前に移植されたダンスと同様に、エフェクトが追加されていたりするので、昔からカスタムメイドをやっている者としてはうれしいですね。


今日はここまでです。

ありがとうございました。

新年

未分類
01 /02 2020
皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ということで、特に内容は無いのですが、生存報告も兼ねてブログの更新です。

年賀状の季節ですね。
この時期になると、就職に失敗したことを年賀状に書いてから翌年に届いた年賀状の数がほぼ無くなったという悲しいエピソードが思い出されます。
あの時は社会の厳しさというものを実感しましたね~。

皆様はそういうことが無いように気を付けてくださいね。


さて、近状報告ですが、ゲーム作製はほとんど進んでいません。
申し訳ないです。
いろいろと用事が入ってしまい、なかなか時間が取れない状況が続いております。
1月末には完成させようと思いますので、よろしくお願いします。

今年も、体も心も財布も寒い冬ですな。
暖かいのはお風呂と湯たんぽだけだぜ!

シジミパワー

 ブログを書き始めて2年が過ぎました。見た目が質素な感じのブログとなっておりますが、よろしくお願いします。
 
 
 チャットボットの開発及び運用は終了しました。使ってくださった皆様、ありがとうございました。
 反応はしませんが、チャットボットにはこちらからアクセスできます。
 
 ふりーむにゲームを掲載させていただきました。掲載されているページへ移動する場合はここをクリックしてください。