カスタムオーダーメイド3D2 20200110

カスタムメイド
01 /10 2021
皆様、お久しぶりです。

生存報告です。

最近は忙しく、なかなか時間が取れません。
今日は時間が空いたので、久しぶりにカスタムオーダーメイドでいろいろと遊びました。

ゲームのポイントがいつの間にか100億ポイントに達しており、
念願であった一番高い衣装(ゴットメイド服)と交換しました。


img20210110010640.jpg


いやー、なんだか感慨深いですな。


どうやらカスタムメイドシリーズの新作が春に発売されるらしいので、それを待ちながらコロナ禍をしのいでいきたいですね。


感染対策を十分に行い、寒さで体調を崩さないように気を付けてください。
それでは、また。

カスタムオーダーメイド3D2  2020/12/13

カスタムメイド
12 /13 2020
皆様、お久しぶりです。

今日は生存報告を兼ねて短く更新です。

新作のダンスが発売されました!

その名も”改革的ハートグラフィー”というもので、nao さんバージョンと小春めう さんバージョンの2つがあります。
それぞれ歌声に魅力があるので、どちらのバージョンでも楽しめます。
あと、今回のダンスは振付がとてもかわいいです。
何回でも見れます!

以下、動画へのリンクです。
興味のある方はどうぞ。

改革的ハートグラフィーver.小春めう

20201213_1.jpg


改革的ハートグラフィーver.nao

20201213_2.jpg



では、今日はここまでです。

今週から寒くなるみたいですが、病気(コロナウイルス、インフルエンザ、ノロウイルス・・・結構たくさんありますね・・・)には気を付けてくださいね。
それでは、また。


img20201213221707.jpg

カスタムオーダーメイド3D2  2020/11/15

カスタムメイド
11 /15 2020
皆様、こんばんわ。
今日は短めにブログを更新します。

先週に引き続き、カスタムメイドのお話です。

主にまつ毛の改造を行っていたのですが、作ったまつ毛が細すぎたり、色を付けると見えにくくなってしまったりと苦労しました。
近くで見ると分かるのですが、遠くからだと分かりづらいですね。
また、唇の改造を行おうと思ったのですが、唇の書き方が難しすぎて断念しました。
絵描き屋さんはすごいと思いますよ。

データを読み込ませるときの知識を用いて、カスタムオーダーメイド3D2で使えなかったカスタムメイド3D2のMODのデータを読み込ませることができました。
今回、それが一番の収穫だったかもしれません。

少量ながら作ったパーツでメイドさんの改造を行っていたら、いつの間にかこんな時間になってしまいました。

とりあえず、改造したメイドさんのダンス動画を上げてみました。
分かりづらいかもしれませんが、既存のパーツにはないパーツを用いています。
興味のある方はどうぞご覧ください。

以下、リンク先です。

20201115.jpg


今日はここまでです。
ありがとうございました。

カスタムオーダーメイドのまつ毛編集作業まとめ

カスタムメイド
11 /08 2020
今日も続けて更新です。
カスタムオーダーメイドのパーツ改造のまとめを書こうと思います。
今回はメイドさんの下まつ毛を改造します。

20201108_1.jpg


もっと下まつ毛をモリモリにします。

全体的な流れは
1. ゲームデータの収集
2. menuファイル、texファイルの編集+ゲームへの読み込み
となります。
髪形に比べればだいぶ楽です。


1. ゲームデータの収集

今回改造するまつ毛の情報を公式MODモードで出力させると、eyelashesunder_009と出てきたので、このデータの入ったファイルを集めましょう。
下まつ毛はカスタムオーダーメイド3D2+GP-01Fbで追加されたパーツですので、parts_gp001fb.arcをCM3D2Tool GUIで開いて展開します。
eyelashesunderというフォルダの中に、memuファイルとtexファイルがあります。
改造MOD用のフォルダを作ったらmenuフォルダとtextureフォルダを作り、_i_eyelashesunder_009_folderと_i_eyelashesunder_009_mugenをmenuフォルダへ、_i_eyelashesunder009とeyelashesunder009をtextureフォルダへ入れます。
そして、ファイル名称を009→009kai2へと変更しましょう。

20201108_2.jpg


20201108_3.jpg



2. menuファイル、texファイルの編集+ゲームへの読み込み


menuファイルは[CM3D2]menu←→txt変換を用いて、中身を編集します。
_i_eyelashesunder_009kai2_folderは下まつ毛の説明文を変え、下まつ毛の名称を009→009kai2へと変更しました。

20201108_4.jpg


_i_eyelashesunder_009kai2_mugenでは下まつ毛の名称のみ変更しました。


次に、texファイルの編集ですが、ここで多少問題が発生しました。
[CM3D2]tex←→png変換を用いると、変換後のpngファイルを開く際に読み取れないというエラーが出てきます。

この問題は、tex2Converterというツールを用いることで解決できました。
tex2Converterの使うときは、tex2Converterのところにファイルをドロップしないと変換してくれないので注意しましょう。

20201108_5.jpg


texファイルをpngファイルに変換したら編集に入ります。

_i_eyelashesunder009はアイコン用なので、ペイントで編集しました。

20201108_6.jpg


eyelashesunder009が本体となるので、気合を入れて編集しましょう。
編集ソフトとして、GIMPを使用します。

20201108_7.jpg


このままだと編集しづらいので、レイヤーを追加しましょう。
まず、下まつ毛レイヤー用の画像を用意します。
そして、ファイルをインポートします。

20201108_8.jpg


新しいレイヤーを追加します。

20201108_9.jpg


先ほどの画像をコピーして、新しいレイヤーに貼り付けます。


20201108_10.jpg


変形ツールを用いて、いい感じに画像を編集します。


20201108_11.jpg


拡大・縮小ボタンを押さないと、編集が保存されないので注意しましょう。


20201108_12.jpg


終了したら、レイヤーを固定します。


20201108_13.jpg


あとは、微調整して合わせてから下まつ毛をつくります。
ちなみに、鏡像反転もできます。

下まつ毛を書く際は必ず、下まつ毛のレイヤーを上にしてアクティブにしてください。

まつ毛はブラシで描きました。


20201108_14.jpg


完成したら、下のレイヤーを消します。
そして、保存してから、pngファイルをエクスポートします。
tex2Converterでtexファイルに戻して完了です。


20201108_15.jpg


下まつ毛のmenuファイルとtextureファイルがModフォルダ内の改造MOD用フォルダにあることを確認したらゲームを起動します。

見事にまつ毛がマシマシになっていました!


20201108_16.jpg


これで改造は終了です。

この改造方法は目などのほかのパーツにも有効なので、幅が広がりそうです!

お疲れ様でした。

カスタムオーダーメイド3D2 髪型編集まとめ

カスタムメイド
11 /07 2020
皆様、お久しぶりです。

今日はカスタムオーダーメイド3D2のメイドさんの髪形をblenderで編集(髪のカット)したことのまとめを書こうと思います。

やることとしては、メイドさんのツインテールからのびる長い髪の部分を削除します。


20201107_1.png


全体の流れとしては、
1. 環境構築
2. blenderによる編集
3. ゲームへの読み込み
の3つに分けられます。

今回、参考にさせていただいたのは、Hatena blogのButter Case様の【初心者向け】CM3D2 髪MODの作り方 モデリングまでの記事です。

それでは行ってみましょう!


1. 環境構築

まず、ゲーム内のデータを編集するツールとblenderを用意します。

ゲーム内のデータは.arcという拡張子のファイルにまとめられていて、それを展開する必要があります。
また、後々にtexファイルやmodelファイルなどを編集する必要もあります。
そのために、それらの編集を行うツールを用意しなければなりません。
ツールに関しては、有志の方々が「CM3D2 TooL」と「適当ツールまとめ」というものを制作されているので、そちらを利用します。

blenderのバージョンは2.79bのものを用意しました。
blenderに関しては、カスタムオーダーメイドのデータを読み込むためにCM3D2-Converterというアドオンが必要になります。
参考にさせていただいたウェブに記載されている通りに設定を行い、blenderにカスタムオーダーメイドのデータを読み込めるようにします。


2. blenderによる編集

ゲームのパーツのデータは”COM3D2/GameData/”のparts.arcの中に存在します。
また、DLCで購入したものに関してはparts_dlc***.arcの中に存在します。

まず、パーツの名称を知るためにゲームのエディット画面で公式MODモードを起動します。
キーボードのmとoとdを同時に押すとモードを起動できます。


髪を選択してからExportBaseを押すと、”COM3D2/ModExport/”にデータが出力されます。

20201107_2.png


mod_hair_twin047_i_というフォルダがModExportにできています。
つまり、この髪はtwin047ということです。
というわけで、この髪のデータを探します。
DLCで購入したパーツなので、parts_dlc***.arcの中から探します。

DLCで購入したパーツが多すぎてよく分からない場合は、一度カスタムオーダーメイド3d2のショップに行ってから、パーツをダウンロードしてみてください。
ファイルの名称がでてきます。

20201107_4.png


この髪のデータがparts_dlc266に入っていることが分かります。

次に、CM3D2 TooLのフォルダを開いて、CM3D2Tool GUIを起動します。
parts_dlc266を選択してください。

20201107_5.png


展開が終わると、”COM3D2/GameData/”にparts_dlc266のフォルダができますので、どこかに移しましょう。
parts_dlc266フォルダを掘っていくと、”hairt/hair_twin047/model”の中にhair_twin047.modelというファイルがあります。
それをblenderで読み込み編集します。


blenderを起動させたら、ファイル→インポート→CM3D2モデルを選択します。

20201107_6.png


先ほどのhair_twin047.modelファイルを選択すると、モデルが読み込まれます。
デフォルトだと真っ白で分かりにくいので、ソリッドにしておきましょう。

20201107_7.png


髪の毛の編集を行うために、編集モードを選択します。

20201107_8.jpg


すると、頂点や辺が選択できるようになります。


20201107_9.jpg


消したい部分の頂点をひたすら選択してください。
Shiftキーを押しながら選択すると、複数選択できます。

20201107_10.jpg


選択し終わったら、ツール→削除→頂点を選んで、削除をします。


20201107_11.jpg


すると、選択した部分が消えます。

20201107_12.jpg


あとは気合で全部消していきます。
がんばりましょう。

出来上がったものがこちらです。


20201107_13.jpg



編集が終わったら、blenderのデータをセーブしましょう。
そして、ファイル→エクスポート→CM3D2モデルで、このモデルのデータを出力します。

これで、髪の編集は終了です。



3. ゲームへの読み込み

最後の作業を行いましょう。

髪のデータを読み込ませるためには、
menuファイル、mateファイル、modelファイル、texファイル、あと髪のアイコンのファイルを編集する必要があります。
menuファイル、mateファイル、modelファイル、texファイルは展開したゲームデータのものを流用し、髪のアイコンファイルは公式MODモードで出力されたものを流用します。

まずは、フォルダを作ります。
ここでは髪の名前から取ってhair_twin047kai2としましょう。
ゲームデータと同じように、menu、model、textureの3つのフォルダを入れましょう。

20201107_14.jpg


さきほど編集したmodelファイルを、modelフォルダに入れます。
名前をhair_twin047kai2.modelとします。

20201107_15.jpg


menuフォルダに元のゲームデータmenuファイルを入れます。
名称はhair_twin047kai2_i_としましょう。

次に、適当まとめツールの[CM3D2]menu←→txt変換を用いて、テキストファイルにして編集します。
とりあえず、hair_twin047→hair_twin047kai2と変えます。
あと説明文も変更しておきましょう。

20201107_16.jpg


保存したら、[CM3D2]menu←→txt変換でmenuファイルにします。


”model/materials”の中にあるmateファイルを編集します。
ファイル名称はhair_twin047kai2_mugen、hair_twin047kai2-hairtとします。
[CM3D2]mate←→txt変換を用いて、menuファイルと同様に髪の名称の部分をhair_twin047→hair_twin047kai2と変えます。
編集が終わったら、[CM3D2]mate←→txt変換でmateファイルにします。


”texture”の中にあるtexファイルの名称をすべて変更します。
hair_twin047→hair_twin047kai2と変えます。


20201107_17.jpg


最後に髪のアイコンファイルの作製です。
公式MODモードで出力されたPNGファイルをmenuフォルダに入れて編集します。
PNGファイルはペイントなどで編集します。

20201107_19.jpg


編集したPNGファイルを[CM3D2]tex←→png変換でtexファイルにします。
パスはmenuファイルに書かれていたものを参考にして、
assets/parts/parts_dlc266/face/hair/hairt/hair_twin047kai2/menu/
としました。
menuフォルダにhair_twin047kai2_i_.texが出来上がるので、それをtextureフォルダに入れて上書きします。


あとはこれらのファイルを詰め込んだhair_twin047kai2フォルダを”COM3D2/Mod”にぶち込んで完成です。

ゲームを起動してみると・・・、見事に出来上がっていました!

20201107_20.jpg



以上が、髪形編集(髪のカット)のまとめとなります。

お疲れさまでした。

シジミパワー

 ブログを書き始めて3年が過ぎました。見た目が質素な感じのブログとなっておりますが、よろしくお願いします。
 
 
 チャットボットの開発及び運用は終了しました。使ってくださった皆様、ありがとうございました。
 反応はしませんが、チャットボットにはこちらからアクセスできます。
 
 ふりーむにゲームを掲載させていただきました。掲載されているページへ移動する場合はここをクリックしてください。